クラウド

ストレージと復旧

高性能ストレージオプションと信頼性の高い災害復旧

標準のブロックストレージから災害復旧まで、CenturyLinkはお客様のワークロードに合わせて拡張できる、柔軟性の高いストレージソリューションを提供しています。ブロックストレージ製品では最大20,000IOPSまでサポートしており、プレミアムサービスには、 14日間の災害復旧が含まれます。これにより、サーバーの復旧とデータの回復を容易に行なえます。クラウドオブジェクト
ストレージサービスは、あらゆるタイプのファイルを柔軟にホスティングして、幅広い用途で利用できるようにします。

ブロックストレージ

CenturyLinkのブロックストレージは非常に柔軟性の高い SANベースのストレージで、最低2,500IOPSという高いパフォーマンスを提供します。お客様はビジネスニーズの変化に対応しながら、仮想マシンのストレージニーズに合わせて、ご自身でダイナミックにディスクサイズを変更または追加していただけます。

オブジェクト
クラウドストレージ

オブジェクトストレージは、階層型ファイルシステムでは到達できないエンタープライズグレードの効率性を提供します。弊社のオブジェクトストレージに保存されたファイルは全て自動複製され、高い可用性を実現します。

クラウド災害復旧サービス

SafeHavenの名で知られる弊社の災害復旧サービスが、お客様のオンプレミスおよびCenturyLinkクラウド®の両方またはいずれか一方にあるデータとプロダクションサーバーを保護します。素早い導入が可能で、ライブフェイルバック、ライブテストフェイルオーバー、多層アプリケーションのデータボリュームに対する保護グループなどの必要不可欠な機能が含まれています。

リソース

おすすめのリソースとツールをご覧ください。

オブジェクトストレージに関するよくあるご質問 オブジェクトストレージの導入に関するご質問への
回答をご紹介
CenturyLinkの災害復旧サービスの概要 CenturyLinkクラウド向けSafeHavenが、稼働負荷に対するコスト効率の良い保護を提供
CenturyLinkクラウドのためのSafeHaven SafeHavenでオンプレミスデータセンターをCenturyLinkクラウドへフェイルオーバーする方法。
まずはお問い合わせください
お電話

お電話

営業:+81 3 6435 9658
サポート:+81 3 6435 9601

CenturyLinkのSNSページ 最新情報を
ご確認ください。