その他のデータセンターを見る:

ワシントン州中部 データセンター

コンプライアンスへの取り組み

Cyxteraは、お客様にとって重要不可欠なコンプライアンスと標準を常に向上、維持していくよう努力しています。

災害復旧サイトに最適な場所:ワシントン州中部の水力発電による低コスト電力に注目

ワシントン州中部のモーゼスレイクデータセンターは、セキュリティ、回復力、ユーティリティ、コスト効率を最大限に発揮できるように構築されており、コロケーションソリューションのほか、多様なファイバーによるCenturyLinkネットワークへのアクセスを含む複数のネットワークプロバイダーへのアクセスを提供しています。このリモートデータセンターでは、無料で空調と水力電力をご利用いただけます。また、低リスクな立地は災害復旧および遅延の影響を受けないワークロードに最適です。

モーゼスレイクの設備で使用する商用電源の85パーセント以上は、ワシントン中部で利用出来る豊富な水力電力です。その結果、低カーボンフットプリントのホスティングソリューションを提供できるだけでなく、北米で最も費用対効果の高いコロケーションサイトのひとつとなりました。データセンターの初期電力は8メガワットですが、最終的には最大30MW までのIT負荷に対応できるようになります。

モーゼスレイクは、コロケーションに必要なすべてのオプションを提供します。250,000平方フィートの床面積、40MWの供給電力、11エーカーの敷地を持つデータセンターは、お客様の要件に応じて環境をカスタマイズする機能を提供します。

 

 

 

 

お知らせ

CW1データセンターのバーチャルツアー

データセンター

モーゼスレイクデータセンター拠点

拠点

CW1:モーゼスレイク、WA

床面積: 306,970 sf 電力: 40 MW
CW1:モーゼスレイク 床面積:136,000 sf 電源:40 MW

建物概要

  • ワシントン州中部、モーゼスレイク
  • 旧指揮統制設備
  • ( 0.25マイルの距離での10メガトン爆弾に耐える構造)
  • 安定した地質 - 西アメリカで最も低い耐震基準2B

電気関連の概要

  • 冗長構成の変圧器とフィードを持つ新しい設備変電所からの供給
  • 最小電力密度 (W/sf) =175
  • 設備で使用する商用電源の85%が再生可能(水力)
  • 発電機構成 = N +1
  • 40MW 超の電力を利用可能
  • 2社以上の燃料補給会社を利用

火災検知および鎮火に関する概要

  • VESDAの早期警告による検知

機器の概要:

  • 冷却システムの構成 = n+1
  • 温度および湿度の管理によりASHRAEの厳しい基準を達成

その他の拠点

世界各地に60カ所以上のデータセンター拠点

EpiCenterブログ最新情報

CenturyLink
Business
@CenturyLink ENT

リソース

おすすめのリソースとツールをご覧ください。

まずはお問い合わせください

営業:+81 3 6435 9658
サポート:+81 3 6435 9601

CenturyLinkのSNSページ 最新情報を
ご確認ください。
CenturyLinkは、データセンターと関連するコロケーション事業を、BC PartnersとMedina Capital Advisorsによるコンソーシアムに売却しました。これにより、世界トップクラスの人材と技術が結集した革新的な新会社、Cyxtera Technologiesが誕生しました。CenturyLinkは今後も、Cyxteraおよび長年にわたりデータセンター事業を成功に導いてきた強力なチームと密接に連携し、コロケーションをご利用のすべてのお客様に、ワールドクラスのカスタマーサービスとオペレーショナルエクセレンスを提供してまいります。