耐障害性サービス

災害発生時に迅速に短時間での復旧を行うことができます。

ダウンタイムの膨大なコストとデータ損失に対する保護を提供するCenturyLink® SafeHaven®DRaaS

リスクを軽減し、ブランドを守り、自然災害や人的災害から生じるITダウンタイムの莫大なコストを回避しましょう。

保護
CenturyLink SafeHaven DRaaSでは、災害発生時に数分で通常業務を復旧させることができ、アプリケーションやデータが安全に保護され、コンプライアンスに即して守られているという安心をより確かなものにできます。

所有コストの低減
SafeHavenDRaaSは、CenturyLinkの広大で拡張性に優れたインフラストラクチャーを利用し、従来の災害復旧インフラストラクチャーと比べてほんのわずかなコストで災害復旧を提供します。このため、ハードウェア、ソフトウェア、メンテナンスの費用を大幅に削減することができます。災害復旧を設備投資から運営コストモデルに移行することにより、災害復旧にかかる予算をはるかに予測しやすくなります。

利用と運用が簡単に
CenturyLink SafeHavenDRaaSは、従来のバックアップ手法に比べ、はるかに優れた柔軟性、シンプルさ、拡張性を備えています。また、さまざまな災害復旧サービスが利用可能になるため、復旧ポリシーに基づいたビジネスシステムの復旧を行うことができます。

ホワイトペーパー
——
ビジネスにクラウドベースの
災害復旧が必要な理由
クラウドでのDRサービスで、ビジネスへの致命的な影響につながる可能性のあるインシデントのリスクを軽減する方法をご紹介します。

ビデオを見る

CenturyLink SafeHaven DRaaSがいかにお客様のデータ、そしてビジネスを守ることができるかご紹介します。

概要
_____

災害復旧プランは複雑な方がいいというわけではありません

クラウドベースの災害復旧ソリューションは、効率的で高い柔軟性と可用性を備えています。最大のメリットは、予備の災害復旧サイトに必要なインフラストラクチャーとソフトウェアを購入するコストを回避できる点です。つまり、かかるのは運用費用だけとなります。

簡単に運用開始
設定と導入がわずか数日で完了します。

低いコスト負担
CenturyLink SafeHaven DRaaSにかかるコストは、従来のDRソリューションの数分の1です。

テストが容易
数分で災害のシミュレーションが可能なため、いざという時も安心です。

VMwareとともに運用可能
仮想化のビジネス標準と十分な互換性があります。

カスタマイズ
当社の直観的なインターフェースは、DRプランのカスタマイズをポイントアンドクリックで簡単にします。

ビデオを見る

約73%の企業は、災害に対する備えができていません。そうならないために、知っておくべきことをご紹介します。

無料クラウドオンボーディング

CenturyLinkクラウド®への移行は、シンプルかつシームレスで、オンボーディング無料です。

詳細
_____

DRaaSでデータとシステムを保護

CenturyLink SafeHaven DRaaSは、貴社のビジネスを安全に保つシンプルな方法です。

CenturyLink SafeHavenDRaaSは、企業のデータと稼動システムを効率的に保護する手段を簡単かつ低コストで提供します。

  • ほぼ瞬時に行われるフェイルオーバーとフェイルバック - プロテクト VMのブートアップ時間のみに制約される
  • 無停止フェイルオーバーテストを必要に応じて実行可能
  • 個別サーバーからサイト全体までを対象にしたフェイルオーバー / ロールバック / フェイルバック
  • CenturyLinkクラウドのフル機能、多層セキュリティ
  • 災害復旧サイトのための拡張可能なグローバルインフラストラクチャー
  • CenturyLinkの災害復旧専門家チームを活用
  • ITコンサルティング:戦略、設計、導入、テスト

技術仕様
_____

しっかりした保護、迅速な復旧
ITシステムの復元力

CenturyLink SafeHavenDRaaSは、クラウドを活用して貴社の業務を中断から守り、総所有コストを低く抑えつつ災害復旧を大幅に簡素化します。

CenturyLinkクラウド内で実行するレプリカインスタンスを使用して、内部のデータセンターでホスティングされた実稼動仮想サーバーを保護することができます。パブリッククラウドで予備のサイトを運用するため、不要なコストがかかりません。コスト構造が大幅に下がり、その恩恵を受けることができます。

さらに重要なのは、CenturyLinkクラウド上のレプリカサーバーは災害時のみ作動するため、運用コストがさらに下がります。また、実稼動ライセンスはフェイルオーバー時に有効化されるため、OSやアプリケーションライセンスを重複して取得する必要はありません。

メリット
  • 柔軟な運営コストモデルによりコストを削減
  • 災害時のみCPUとRAMに対する支払いが発生
  • SRNとCMSアプライアンスは毎月730時間稼動し、それに伴うCPU/RAM料金が発生
  • 従量課金制なため、設備投資が不要
  • 非常に短い復旧時間
価格設定
  • オンボードに対する1回のみの料金のほか、CenturyLink SafeHavenDRaaSソフトウェア、クラウドインフラストラクチャー、ソフトウェアコンポーネントの実行および特定のVM構成の複製に必要な VMに対して毎月の料金がかかります。
仕様
  • 最大2,048のチェックポイントを持つ組み込みバックアップ
  • サイトとクラウド間のロスのない VM移行
  • 仮想/物理サーバーに対するマルチOSサポート
  • エンタープライズ級のDRオーケストレーション
  • 多層アプリケーションに対するグループの一貫性とRunbook 自動化による継続的なデータ保護
  • Tier1ネットワーク冗長性

アーキテクチャ
_____

CenturyLink SafeHaven DRaaS

このサービスは、クラウドWANを利用して、クラウド上のプロキシ復元サーバーとリモートレプリカを実稼動サイトで見つかった複製ノードにリンクします。これらはファイアウォールやローカルディスク、ロールバックイメージ、保護されたVMとともに機能して、災害時にデータを安全かつ利用可能な状態に保ちます。

使用事例
——
リソース
——
専門家へのお問い合わせ
お電話

Eメールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
このフォームに必要事項をご入力ください。CenturyLinkの担当者がご連絡を差し上げます。
*マークのついた項目は (*) 入力必須です。

弊社のプライバシー慣行については
CenturyLinkの プライバシーポリシーをご覧ください

CenturyLinkのSNSページ 最新情報を
ご確認ください。
LinkedIn Twitter Facebook