クラウドセキュリティ

高度な機能で脅威を検出、対処

重大なリスクとなりかねない潜在的なセキュリティの問題を識別し、優先順位を付けて対応するために役立つサービス。

脅威の発生時にいち早く対処するにはどうすればいいのでしょうか?

分析および脆弱性管理

主要なネットワーク、インフラストラクチャー、データ、アプリケーションへの保護を実施していても、効果的なサイバー脅威対策の実装は企業にとってまだまだ難問です。効果的なセキュリティ対策の実装における大きな課題として、分析が必要な大量のデータ、セキュリティツールによるコンテキストデータの不足、誤検出の多発、インシデントの監視・対応を行う経験豊富なセキュリティスタッフの不足、予算不足などが挙げられます。そこで、CenturyLinkの高度な脅威検知およびインシデント対応サービスの出番です。検知および対応サービスを利用することで、潜在的な問題を未然に特定するために必要なセキュリティの可視化が可能になり、それらが害を及ぼす前に対処することができます。そして、CenturyLinkインシデント管理および対応サービスを利用すれば、社内でインシデントの対応を考えて管理する負担を緩和することができます。

弊社の検出および対応サービスには、高度な機能が幅広く備わっています。

トレンド・脅威分析を備えたセキュリティログ監視
強力なデータ分析エンジンによる高度なログ取り込み、監視、イベント相関。
インシデント管理&対応サービス
セキュリティ専門家チームがインシデントを調査、起こりうる攻撃に未然に対応。
脆弱性&リスク監視
積極的なスキャンサービスで潜在的な脅威を検出・優先順位付けし、影響が出る前に撲滅。
マネージド保護サービス
自動化されたデバイス監視および管理サービスで、次世代ファイアウォールサービスによって得られる深い見識を提供。

ビジネスに影響を与える前に脅威を検出

見えないものを直すことはできません。検出および対応スイートが、脅威の存在を知らせ、素早く除去するために必要なツールを提供します。以下のようなメリットがあります。

分析プラットフォームと直感的なカスタマーポータル - データの分析、潜在的な脅威のレポート、セキュリティイベントに関するリアルタイムの見識の収集を可能にします。

柔軟性の高いSIEMバックエンド - クライアント固有の資産、任意の場所または別のSIEMからの脆弱性データに対応。リアルタイムの脅威の活動に関する見識を提供します。

より効果的なコンプライアンス機能 - 人力と自動化されたリソースやツールを組み合わせ、積極的なログ相関や分析、インシデント対応および継続的な監視の必要性に対処します。

特定の規制の遵守の向上 - Payment Card Industry Data Security Standard (PCI DSS)、Sarbanes-Oxley (SOX)、Health Insurance Portability and Accountability Act (HIPAA) など、その他さまざまな規制へのコンプライアンスを高めます。

リソース
——
専門家へのお問い合わせ
お電話

Eメールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
このフォームに必要事項をご入力ください。CenturyLinkの担当者がご連絡を差し上げます。
*マークのついた項目は (*) 入力必須です。

弊社のプライバシー慣行については
CenturyLinkの プライバシーポリシーをご覧ください

CenturyLinkのSNSページ 最新情報を
ご確認ください。
LinkedIn Twitter Facebook