アジア太平洋におけるコネクテッド・セキュリティ

Necursを監視

ユーザーの悪質な行動を検出するためにCenturyLinkのアダプティブサイバー脅威インテリジェンスを活用する、国際的なロジスティクス企業のサイバーセキュリティ事例。

CENTURYLINKサイバー脅威レポート(2019年版)

変化し続けるサイバー脅威への対応

Black Lotus Labsの最新レポートでは、次のような内容を詳しく取り上げています:

  • ディープネットワークをベースとするサイバー脅威インテリジェンスの役割
  • 最新のリスクと攻撃 - ボットネット、IoTマルウェア、DNSベースのサイバー脅威とDDoS
  • デジタルビジネスを守るための5つの重要な提案

セキュリティ・オペレーションセンター (SOC) の中をご案内

アジア太平洋地域でサイバーのリスクと脅威に立ち向かうにはどうすればいいか?

このIoTとAIの時代において、内外のサイバー脅威はより複雑化しています。この動画で、当社のシンガポールのセキュリティ・オペレーションセンター (SOC) のセキュリティ専門家が24時間体制で用心深く対策、サイバー脅威インテリジェンスをもとに、企業のリスクに積極的に対応している様子をお確かめください。

CenturyLink受賞歴 

ビジネスにフォーカス。セキュリティはお任せください。

適切なセキュリティ・サービスプロバイダーとのパートナーシップ 

CenturyLinkのコネクテッドセキュリティ機能についてより詳しく知り、グローバル規模の信頼できるセキュリティ・サービスプロバイダーと提携をはじめましょう。 
1ガートナー、全世界を対象としたマネージドセキュリティサービスのマジック・クアドラント、2019年5月2日、Toby Bussa氏、Kelly Kavanagh氏、Sid Deshpande氏、Pete Shoard氏
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価や他の認定を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。
GARTNERは米国および世界各国におけるGartner, Inc.または関連会社の登録商標およびサービス・マークであり、同社の許可に基づいて使用しています。 All rights reserved.
弊社へのお問い合わせ
お電話

Eメールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
このフォームに必要事項をご入力ください。CenturyLinkの担当者よりご連絡を差し上げます。
*マークのついた項目は (*) 入力必須です。

弊社のプライバシー慣行については
CenturyLinkの プライバシーポリシーをご覧ください

CenturyLinkのSNSページ
最新情報をご確認ください。
LinkedIn YouTube Facebook