災害復旧

災害復旧は複雑である必要はありません

リスクを軽減し、ブランドを守り、自然災害や人的災害から生じるITダウンタイムの莫大なコストを回避しましょう。




わずか数秒で復旧
CenturyLink® SafeHaven®災害復旧サービス(DRaaS)はダウンタイムやデータ損失による莫大なコストからお客様を保護します
保護
災害発生から数秒で通常業務を再開することができるため、お客様とその社員、顧客は、アプリケーションやデータが安全に保護され、なおコンプライアンスに即しているという安心をより確かなものにすることができます。
所有コストの低減
CenturyLinkの拡張性にすぐれた革新的なDRインフラは、従来のインフラと比べてほんのわずかなコストで運用できるため、ハードウェア、ソフトウェア、メンテナンスのコストが大幅に抑えられます。また、DRの費用が設備投資から営業費になることで、予算の予測が立てやすくなります。
利用と運用が簡単に
CenturyLinkは自社のクラウド上で仮想サーバーを複製しています。このため、お客様にお支払いいただくのは必要な部分の料金のみ。このレプリカサーバーは災害発生から数秒で起動するため、ビジネスを中断することなく継続できます。

CenturyLink SafeHaven DRaaS

データの安全性と可用性を維持
このサービスは、クラウドWANを利用して、クラウド上のプロキシ復元サーバーとリモートレプリカを実稼動サイトで見つかった複製ノードにリンクします。これらはファイアウォールやローカルディスク、ロールバックイメージ、保護されたVMとともに機能して、災害時にデータを安全かつ利用可能な状態に保ちます。

簡単に運用開始
設定と導入がわずか数日で完了します。

低いコスト負担
CenturyLink SafeHaven DRaaSにかかるコストは、従来のDRソリューションの数分の1です。

テストが容易
数分で災害のシミュレーションが可能なため、いざという時も安心です。

VMwareとともに運用可能
仮想化のビジネス標準と十分な互換性があります。

カスタマイズ可能
弊社の直観的なインターフェースは、DRプランのカスタマイズをポイントアンドクリックで簡単にします。

ダウンタイムのコスト

予期せぬITシステムのダウンタイムによりFortune 1000企業が被るコストは年間$13億にのぼります(Wikibon調査1)。

$13億
予期せぬITシステムのダウンタイムによる総コスト1
$200,000
ダウンタイム1時間あたりの平均コスト2
80%
月1件以上のアカウント侵害を経験した企業の割合3
1 Wikibon、 Having Downtime Costs for Mission Critical Apps、2017年7月24日。
2 IDC、 Five Key Technologies for Enabling a Cyber-Resilience Framework、2018年6月
3 McAfee、 Cloud Adoption and Risk Report、2019年第2四半期
災害が発生しても、事業を継続

CenturyLink災害普及サービスとMicrosoftのデータネットワーキングとシステムインテグレーションの専門知識、そして広範囲におよぶクラウドの経験とを組み合わせることで、ワールドクラスの技術ソリューションが実現。お客様は災害時でもビジネス・オペレーションの回復力と信頼性を維持することができます。




弊社へのお問い合わせ
お電話

Eメールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
このフォームに必要事項をご入力ください。CenturyLinkの担当者よりご連絡を差し上げます。
*マークのついた項目は (*) 入力必須です。

弊社のプライバシー慣行については
CenturyLinkの プライバシーポリシーをご覧ください

CenturyLinkのSNSページ
最新情報をご確認ください。
LinkedIn YouTube Facebook