災害復旧

災害復旧は
​​​​​​​複雑なものにする必要は
​​​​​​​ありません

自然災害や人為的災害でシステムがダウンしたとき、
システムダウンのリスクを減らして、ブランドを守り、
莫大な費用負担を回避できます




わずか数秒で復旧
CenturyLink® SafeHaven® DRaaS(災害復旧サービス=
Disaster Recovery as a Service)が、システムダウンや
データ損失による莫大な損害からお客さまを守ります
保護
災害発生の数秒後には元の業務を再開できます。お客さまや社員、顧客は、アプリやデータはきちんと保護されていて安全だと確信できるのです。
少ない投資額で
CenturyLinkのDRは、すぐれた拡張性を備えた革新的なインフラです。従来のDR ソリューションと比べてごくわずかな費用で導入・運用できるため、ハードウェア、ソフトウェア、メンテナンスのコストが大幅に削減できます。また、DRの費用を設備投資から営業経費として計上すれば、予算の見通しが立てやすくなります。
やさしい運用管理
お客さまがCenturyLinkのDRを導入すると、CenturyLinkは自社のクラウド上にお客さまのサーバーを複製して仮想サーバーを作成します。このレプリカサーバーは災害発生から数秒で起動するため、お客さまはビジネスを中断することなく継続できます。お客さまは、利用した分の費用だけ負担すればいいのです。

CenturyLink SafeHaven DRaaS

データを、安全でいつでも利用できる状態に保ちます​​​​​​​
クラウドWANを利用して、クラウド上のプロキシ復旧サーバーとレプリカサーバーを、実稼動サイトで見つかった複製ノードにリンクします。これらは、ファイアウォールやローカルディスク、ロールバックイメージ、保護された仮想マシンと連携して、災害時にデータを安全で利用可能な状態に保ちます。

すばやい運用開始
導入から運用開始までわずか数日です。

低コスト
CenturyLink SafeHaven DRaaSの導入・運用コストは、従来のDRソリューションの数分の1です。

テストが容易
数分で災害をシミュレーションして、安心を得られます。

VMwareとともに運用可能
仮想化のビジネス標準と高い互換性があります。

カスタマイズが容易
直感的なインターフェースによって、マウス操作で簡単にDRプランをカスタマイズできます。

ダウンタイムのコスト

予期せぬITシステムのダウンに費やすフォーチュン1000企業の費用は毎年​​​​​​​13億ドルにのぼります(Wikibon調査1)。

13億ドル
予期せぬITシステムのダウンによる総費用1
20万ドル
ダウンタイム1時間あたりの平均コスト2
80%
月1件以上のアカウント侵害を経験した企業の割合3
災害が発生しても、事業を継続できます

CenturyLinkの災害復旧サービスとマイクロソフトは、互いのデータ・ネットワーキングおよびシステムインテグレーションの専門知識と、豊富なクラウド経験を組み合わせて、世界最高レベルの技術ソリューションを完成させました。災害が起きても、お客さまはビジネスを確実に復旧・継続できます。




弊社へのお問い合わせ
お電話

+81 3 6435 9658

Eメールでのお問い合わせ
お気軽にお問い合わせください。
このフォームに必要事項をご入力ください。CenturyLinkの担当者よりご連絡を差し上げます。
*マークのついた項目は (*) 入力必須です。

弊社のプライバシー慣行については
CenturyLinkの プライバシーポリシーをご覧ください




デジタル・ビジネスをネットワークで促進
        
        
デジタル・ビジネスをネットワークで促進