専用線同期サービス転送

音声、データ、ビデオ転送の次の進化

SST による、ビジネスのニーズの変化に合わせた確実な大容量転送。
お客様の音声、データ、ビデオ転送へのニーズは、既存のDS-1 またはDS-3回線の容量を超えていませんか?同期サービス転送 (SST) は、ツーポイント型ブロードバンドの共有専用線ソリューションであり、大量トラフィックの転送向けに安定した大容量接続を提供します。SSTはスケールメリット、拡張性、相互運用性を提供することで、ビジネスの成長を促進します。
機能とメリット
——

機能

  • ほどんどのデータシステムタイプとの相互運用性:
    • あらゆる設備ベンダーとの相互運用性
    • プライマリレートインターフェース (PRI) やデジタルデータサービス (DDS)、およびボイストランク
    • フレームリレーサービス (FRS) および非同期転送モード (ATM: asynchronous transfer mode) パケットサービス
    • より新しい高密度波長分割多重 (DWDM: dense wavelength division multiplexing) テクノロジー
  • OC-3で155.52Mbps、OC-12で622.08Mbps、OC-24で1.2Gbps、OC-48で2.49Gbps、そしてOC-192で9.95Gbpsの速度を実現。
  • チャネル化およびリンクされたサービス可用性
  • 卓越したサービス品質:
    • 購入した帯域幅と同じスループット(混雑状態でない場合)
    • データチャネルの可視性
    • 高度な監視/警報機能とパフォーマンス特性
    • サービス可用性、平均修理時間 (MTTR: mean time to repair)、お客様への通知のSLA
    • ワーキングファイバと保護ファイバの分離を可能にする自己回復型迂回経路保護 [link to ] (SHARP) をオプションで提供
    • サービスの可用性と存続可能性を最大化する電子冗長性
  • SONETテクノロジーが高い信頼性と存続性を提供。
  • 24時間体制のCenturyLinkによる監視

メリット

  • 速度の遅いサービスを統合
  • 将来のニーズに合わせてビジネスとともに成長
  • CenturyLinkによる24時間体制のネットワーク監視および修理サービスを提供
  • ネットワークのダウンタイムを解消
  • オプションのSHARP 機能を通してネットワーク存続性を強化
  • PRIやDDSのデータおよびボイストランク、FRSおよびATMパケットサービス、DWDMテクノロジーに対応
仕組み
——
SSTは2か所の顧客またはワイヤーセンター拠点を接続する、ポイントツーポイントサービスです。 SST システムを相互接続したり他のサービスに接続することで、さらに多くのロケーションを繋ぐことも可能です。お客様のネットワークにファイバの切断が認められた場合でも、SSTの4つのファイバ構成によりネットワークの機能性を維持できます。このサービスでは、DS-1、DS-3、STS-1、OC-3、OC-3c(連結)、OC-12、OC-12c、OC-48、OC-48c、10Mbイーサネット、100Mbイーサネット、1ギガビットイーサネットなど複数の回路タイプを個別に、あるいは組み合わせてSSTに搭載することができます。SONET テクノロジーは、今日可能な最高レベルの存続可能性をお客様のネットワークに提供します。
専門家へのお問い合わせ
お電話

Eメールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
このフォームに必要事項をご入力ください。CenturyLinkの担当者よりご連絡を差し上げます。
*マークのついた項目は (*) 入力必須です。

弊社のプライバシー慣行については
CenturyLinkの プライバシーポリシーをご覧ください

CenturyLinkのSNSページ 最新情報を
ご確認ください。
LinkedIn Facebook