分析および脅威の管理

徹底した監視で、より多くを阻止。

優先順位が付けられた対応可能なサイバー脅威データにアクセスすることができます。対応計画とセキュリティサポートはCenturyLinkにお任せください。

サイバー脅威の発生時にいち早く対処するにはどうすればいいのでしょうか?

CenturyLink®分析およびサイバー脅威の管理を選ぶ理由

カギとなるネットワーク、インフラ、データとアプリケーション保護が揃っていても、サイバー脅威に効果的に対抗するには困難がつきものです。分析が必要な大量のデータ。セキュリティツールからのコンテキストの不足。誤検出、セキュリティスタッフの不足。予算不足。多くの課題があります。

CenturyLink®分析および脅威の管理サービスにより、潜在的なセキュリティ問題を事前に特定し、被害が生じる前に対処することができます。また、当社のイベントおよびインシデント管理・対応サービスを利用すれば、社内でのインシデント対応の開発・管理によるリソースへの負担を軽減することができます。

セキュリティログ監視
強力なデータ分析エンジンによる高度なログ取り込み、監視、イベント相関。
アダプティブサイバー脅威インテリジェンス
貴社のIPアドレスと相互に関連付けられた、実行可能で優先順位の付いたサイバー脅威データにアクセスしましょう。
インシデント管理&対応サービス
セキュリティ専門家チームがインシデントを調査、起こりうる攻撃に未然に対応。
レポート
——
CenturyLinkのサイバー攻撃のレポート(2019年版)をご覧ください。
ボットネットは、進化し続けるサイバー脅威の状況に大きな変化をもたらしつつあります。このレポートでは、Black Lotus Labs のリサーチをもとに多くのマルウェアについて考察し、代表的なサイバー脅威からネットワークを守る方法について、実用的なアドバイスをご紹介します。

内容:
 

  • Black Lotus Labs の #MassMalware リサーチを詳しく考察
  • 一部のボットネット(Mylobot、TheMoon、Necurs、Mirai / Satori、Emotet)について、ネットワーク上での行動や比較を考察
  • サイバー脅威アクター(攻撃者)がDNSベースの各種攻撃を実行する手口
  • DNS監視がセキュリティ制御において重要である理由
  • ネットワークディフェンダーへの実践的なアドバイス
メリット
——
  • 長期にわたる開発サイクルや難しい統合の必要なし
  • サイバー脅威の相関はCenturyLinkが担当
  • 年中無休24時間体制の専門家によるセキュリティサポートで問題を回避し、自社による採用のコストも削減
  • 合理化された実行可能なデータにより調査の時間を短縮し、サイバー脅威に対抗する時間を確保
機能
——
  • CenturyLinkのインフラストラクチャーを通過する貴社のデータを監視
  • 貴社のデータを既知の悪質なサイバー脅威と相関させる際に独自の分析およびサイバー脅威のデータを活用
  • 結果はSIEMベースのプラットフォームに投入され、CenturyLinkセキュリティ・オペレーションセンターの専門家が24時間体制で監視
  • 高リスクのイベントについては、ほぼリアルタイムのカスタマイズ可能なアラートを貴社に送信
  • ほぼリアルタイムのポータルベースのレポートのほか、イベントデータを利用した分析にアクセス可能
参考資料
——
弊社へのお問い合わせ
お電話

Eメールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
このフォームに必要事項をご入力ください。CenturyLinkの担当者よりご連絡を差し上げます。
*マークのついた項目は (*) 入力必須です。

弊社のプライバシー慣行については
CenturyLinkの プライバシーポリシーをご覧ください

CenturyLinkのSNSページ
最新情報をご確認ください。
LinkedIn YouTube Facebook