エッジコンピューティング

アクションの近くでデータを展開・計算

超低遅延の接続と分散コンピューティングで、データとアプリケーションを次世代ワークロードに向けて加速させましょう。



ビジネスを「エッジ」へと突き動かす力
高帯域幅と低遅延を必要とする現代のワークロードにおいては、人とマシンの間の相互作用(インタラクション)が起きている「エッジ」で処理が行われるようになってきています。そのため、資産としてのビジネスや相互作用の多い業界には、データを、作成される場所で取得し、分析、活用するための新しいアーキテクチャーが必要です。では、エッジ戦略を採用するきっかけとなっている理由は一体何なのでしょうか?
取引にかかる時間を短縮しなければならない
レポートから顧客がパフォーマンスの向上を
求めていることが分かった
顧客のロケーションにIT資産を導入し新しい
デジタルサービスを提供する予定
IDC:ビジネスの「エッジ」でサービスを提供することでデジタル・トランスフォーメーションを拡大 - 2019年1月 
各業界におけるエッジコンピューティングの導入状況

製造業

ある製薬会社は、監視のレベルアップを行い、機械の故障時期を予測することによってプラントの効率を高めています。

物流

国際配送を取り扱うある物流会社は、ネットワーク・アクセスが断続的な場合に、エッジリソースを使用してフリート管理力を高めることでデータ転送コストを節約しています。

公的機関

ある都市は、エッジでのリアルタイムな動画分析を導入したことで、数時間分もの監視カメラの映像を分析のためにデータセンターへ送信する必要がなくなり、監視カメラがとらえた犯罪行為などにいち早く対応できるようになりました。

リテール

とある大手小売業者は、データ収集ロボットを使用して膨大な量の在庫データを収集・送信しています。低遅延、高スループットで、データストレージに関してネットワークに負荷をかけることもありません。

金融サービス

世界展開しているある金融機関は、超低遅延のエッジインフラを導入し、大量のリソースを使用するアルゴリズムを証券取引の近くで実行することによって、ヘッジファンドを扱う際の大規模損失を回避しています。

ヘルスケア

ある医療機関は、膨大な量のPGHD(患者から生成された健康データ)を提供するIoTデバイスを導入し、重要な患者情報にリアルタイムでアクセスできるようにして緊急時の対応を迅速化させています。

CenturyLinkエッジコンピューティング エコシステム
CenturyLinkのエッジエコシステムでは、高性能のコンピューティング、自動化、ストレージ、アダプティブ・ネットワーキング、セキュリティ接続を用いて、ワークロードをデジタルインタラクションに近づけます。
クラウドコアが最適:
  • AI/MLプラットフォーム
  • ビッグデータ分析
  • 災害復旧
  • SaaS
  • クラウドストレージ
マーケットエッジが最適:
  • スマートマニュファクチャリング
  • ビデオ分析
  • POSトランザクション
  • リテール ロボット工学
  • IoT
オンプレミスエッジが最適:
  • 触覚インターネット
  • 仮想現実
  • 拡張現実
下記のような主要クラウドソリューションを完成できる設計

より多くのロケーションから、よりエッジに近い場所で

CenturyLinkのネットワークは、世界中で450000マイルにおよぶファイバーと、数千か所の安全な技術設備およびデータセンターへの直接接続により、アプリケーションデリバリーのフレキシブルなオプションを提供。市場のエッジにより近い場所でコンピューティング処理を行い、ほぼどこからでもリアルタイムにアプリを効率よく実行することができます。

エッジでのデータドリブンな意思決定をサポート

民間企業でも公共団体でも、ビジネスのスピードと業務の柔軟性を高めるために、自動化されたデータドリブンな意思決定を導入する組織が増えています。エッジコンピューティングは、工場、都市、輸送拠点、医療機関など「スマートな」エッジロケーションで生成されたデータの収集・分析のスピードを高めます。これにより、人や機械にインテリジェントな洞察をリアルタイムで提供し、アクションにつなげることができます。

IDCのレポート「 でデジタル・トランスフォーメーションを拡大」では、最新のアプリケーションに対応するエッジコンピューティング戦略を採用すべき理由を解説します。  

画像化 & AI

病院での電子記録や、空港のセキュリティのためのHDビデオストリーム、店内の顧客行動の追跡記録、工場のプロセス監視記録を収集して処理、表示することができます。

自動オペレーション

AIは、工場のセンサー、倉庫のロボット、鉱山のドローン、コンテナ港の自律式クレーンなどの状況追跡、調整に役立てられています。

リアルタイム機械学習

スマートファクトリーでは、リアルタイムでの分析と機械学習によって製造の複雑なシステムとプロセスを自動化し、複数のOEMとネットワーク、プロトコルを統合することができます。

拡張現実

エンジニアリング企業は、建設現場でARを使用し、構造、電気、HVAC、配管の設計要素について、充実した多次元的検討を行っています。

洞察を加速する最先端ツール
グローバルIPの巨大なフットプリントを誇るCenturyLink。その経験豊かなパートナーが展開する統合ソリューションで、ビジネスをクラウドコアからマーケットエッジ、そしてオンプレミスエッジへ。

マネージドサービス

ワークロードを管理し、ITの負担を軽減するためにも、経験豊富なパートナーとその24時間体制のサービスで、速やかにエッジソリューションを設計、導入、拡張しましょう。

ダイナミック接続

安全なリアルタイムのネットワークプロビジョニング、そして、世界の2,200か所を超えるパブリック/プライベートデータセンターへの直接接続により、数分でシームレスにクラウドにつながることができます。

アダプティブ・ネットワーキング

オンデマンドで帯域幅を瞬時に3倍まで拡大可能。CenturyLinkのパワフルで機敏なネットワークと約45万マイルのグローバルファイバルートがアプリを高速化します。

コロケーションサービス

新しいアプリを導入しませんか。CenturyLinkのグローバル・ネットワークは柔軟で障害回復力に優れ、低遅延。そこからCenturyLinkのサービスや大手クラウドプロバイダー、オンプレミスのワークロードに接続することができます。

セキュリティ接続ソリューション

脅威発生源の近くに可視性と制御の機能が組み込まれているため、データやアプリ、資産のセキュリティリスクをエッジで監視、払拭することができます。

マルチクラウドソリューション

エッジコンピューティングをハイパーコンヴァージド・インフラストラクチャ上で展開できるよう設計された高速で柔軟かつ安全なソリューションと、Kubernetes社コンテナのための追加サポートを利用して、ビジネスをリアルタイムで動かし続けましょう。

弊社へのお問い合わせ
お電話
+81 3 6435 9658
Eメールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
このフォームに必要事項をご入力ください。CenturyLinkの担当者よりご連絡を差し上げます。

*マークのついた項目は (*) 入力必須です。

弊社のプライバシー慣行については
CenturyLinkの プライバシーポリシーをご覧ください




デジタル・ビジネスをネットワークで促進
        
        
デジタル・ビジネスをネットワークで促進